金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

去り行く年と共に

アンコは、昨日今日と注射をして、
明日また、持続性のある痛み止めの注射をしてもらったら、
今年の通院は終了と言うか・・・後は1月4日まで病院は休診。


kft1.jpg

                           アンコ(推定9歳♀)

とにかく、食べていてくれないと、不安なので、
本当はいけないのかも知れないが^^;
お腹の調子が落ち着いているので、猫用の鰹節を、療法食に少し塗してみたら、
どうにか頑張って食べている(^^)

この調子が、最低でも1月4日までは続いてほしい。

今年1年・・・アンコはいったい何回注射をしたのだろう?
最近は頻繁だったけれど、振り返ってみると、トトも沢山、注射をしている。


kft2.jpg

         トト(推定15歳以上♂)            アンコ

今年の後半は、トトとアンコの体調チェックと通院の毎日だった。


そして、まるで遠い昔のように感じてしまう、今年の前半。
振り返ると、胸に突き刺さるような痛みを感じる(>_<)

それは、タマの事。


kft3.jpg

                        タマ(推定10歳♂)

5月に突然、姿を消してしまったタマ。

片目が無く、特徴のある猫なので、近所で野良猫に餌をあげている人や、
置き餌をしている人や、猫好きな人・・・いろいろな人たちに聞いてみても、
誰一人と、見かけたと言う人には会えなかった。


kft4.jpg


やはり、もう2度とタマに会う事はないのだろうか・・・

とても手の掛かる子だった。たくさん叱ってしまったけれど・・・
それでも、人間が大好きだったタマ。

いつも、晩酌の時間は、大好きな亭主の膝の上で、嬉しくてモダえていた^^;

だから今でも晩酌中に、
「アイツはいったい、どこまで行っちまったんだろう」・・・亭主がよく口にする。

その度に、胸に何かが突き刺さるのは、

あまりにもあっけない別れ方が、よほど私を嫌っていたのではないだろうかと
思う気持ちと、捜し出せなかった事の罪悪感・・・

でも、昨日は、亭主がポツリと、
「アイツは、最後はいいヤツで終わりたかったんだよ・・・」




なんだか泣きそうになってしまいました・・・

でも、もうこれで、胸に刺さる何かは引っこ抜いて、去り行く年と共に、
完全な思い出に切り替えようと、決心しました。


kft5.jpg


新しい年への気持ちの整理として、今日は重い話になってしましましたがm(__)m


でも、どこかで元気に暮らしていると信じて・・・
沢山の思い出を、ありがとう・・・タマ。





関連記事です。

「片目の問題児」

「うちのタマ知りませんか?」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
  1. 2010/12/29(水) 23:59:52|
  2. タマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

梅雨の晴れ間に

タマ(10歳半♂)が家出をしてから、既に1ヶ月経ってしまった。
見つからないし、帰っても来ない。
気持ちを切り替えようと、努力しても、
やはり、目が不自由なことが気がかりで・・・

tad1.jpg


他の子の何倍も、手が掛かる子だった。
そのぶん、他の子の何倍も、叱ってしまった事が悔やまれてならない。

そして、ここ最近、チョマ(11歳♂)が、変な行動を起こす。
タマが、おしっこをひっかけていた場所に
急に、チョマがおしっこを、ひっかける(>_<)・・・今更、どうして?

タマをさんざん叱った事に、変な言い訳をするように、
チョマのことも、同じように叱ったら、ますます悲しくなってしまった(T_T)

tad2.jpg

チョマ イジケ・・・(T_T)

tad3.jpg

    フテ寝・・・(-_-)zzz

なんだか気持ちが鬱々してきたので、雨もあがっているところで、
気分転換に近くの、江戸川の土手に散歩に出てみようと思った。

tad4.jpg


tad5.jpg

堤防沿いが、散歩コースになっているので、川の流れを見ながら
少し歩いてみた。
そしたら、帰り際に・・・

tad6.jpg

  いたっ!

tad7.jpg

  いる~!! なんだかチョマっぽい?

tad8.jpg

  いる!いる~~~! 仔猫、風邪ひいてる(>_<)


もしかしたら、タマを発見するかも知れないと思っていたが、
その気配は全く感じなかった。
それどころか・・・


気分転換のつもりで出て行ったのに、帰ってきたところで、
余計に複雑な心境になってしまいました(T_T)
餌を持って、また行くべきか・・・

「散歩禁止!!」と、亭主に言われてしまいそうです^^;;


タマの家出の記事です。

「うちのタマ知りませんか?」


チョマと初対面の方は是非ご覧ください。

「あかがっぴ?」



ふたつのランキングに参加しております。お気に召しましたらクリックして下さい。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



  1. 2010/06/20(日) 18:00:40|
  2. タマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

違和感のある「平和」

窓の外では、「オヤジ対若い連中」のバトルが^^;
まだまだ続きそうですが、家の中は、このところ「静寂」とは
言えませんが、「平和」な時間が続いています。

ただ、その事に、違和感があるのは、私だけでしょうか・・・

us1.jpg

メバエ(18歳♀) 「穏やかな日々~♪ 怒らないって、美容に良くてよ~」

が、しかし着実にボケは進んでいる^^;

毎日のように、メバエの怒りの絶叫が響いていたのは、
タマが家出をする寸前まで。
私の叱る声も怖かったと思う;;
それが、ぷっつりと無くなった事で、他の子たちも穏やかに過ごしている。


us2.jpg

ユウタ(4歳♂)ナッチ(5歳♂)  スヤスヤ・・・

us3.jpg

クロ子(7歳♀) 「やめて!撮らないで!!」

us4.jpg

チョマ(11歳♂) 「・・・・・タマ・・・ンニャ・・」

チョマは、とっても温厚な性格。
けれど、ヤジウマ根性が強くて、メバエの絶叫に駆け付けて、
タマとは取っ組み合いのケンカを、何回もしている。

・・・でも、もう2度とケンカする日はないのだろうか?


us5.jpg

依然、行方不明のタマ。
タマはタマなりの生き方を選択したのだ!

と、何回も自分に言い聞かせても、ふと、立ち止まってしまった時に、
ドッと、いろいろな思いが押し寄せる。

あの日、あの時、出会わなければ良かったの?

保護した事は間違いだったの? タマの一生を台無しにしてしまったの?

・・・悪いのは、全部、私だ!


・・・なんて、考えてしまったらキリがありません^^;
「出会い」を否定してしまったら、他の子たちも同じことになってしまいます。

気持ちを切り替えることは、人間よりも猫のほうが、ずっと上手!
皆に心を支えてもらって、頑張らなくては!

いつか、遠くからでも、タマが野良として、元気でいることを確認できれば幸です。
既に、そうであることを祈ります。



久々のチョマと初対面の方は是非ご覧ください。

「あかがっぴ?」


タマ、メバエの関連記事

「それぞれの9年半」

「うちのタマ知りませんか?」

「片目の問題児」



ふたつのランキングに参加しております。お気に召しましたらクリックして下さい。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

  1. 2010/06/05(土) 15:54:45|
  2. タマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それぞれの9年半

タマが家出をしてから、1週間が経とうとしています。
もちろん、心配ですけれど、気持ちを切り替えることにしました。
タマの念願が叶った気持ち。尊重してあげないと・・・

家の中で過ごした9年半。
ずっと、野良に戻ることが夢だったのかも知れない。

そして、、タマには申し訳ないのですが^^;;
9年半ぶりに、悪夢から開放されたように、
嬉しそうに、楽しそうに、過ごしているのが、約2名。

mm1.jpg
メバエ(18歳♀)
「こんなにのびのび過ごせるのって久しぶり~♪ 長生きして良かった~!」

メバエはタマが大っっ嫌いで、ちょっと近くにタマが来ただけでも、
すごい絶叫と猫パンチで、いつも怒っていました。

落ち着きのないタマは、うろうろする度に、絶叫の的(>_<)


mm2.jpg
マロちゃん(14歳♀)
「もうイライラしなくっていいの?怖がらなくてもいいの?・・・夢みたい~!」

マロちゃんの場合、タマが馬鹿にしていたのか?それとも、白猫だから
タマの視界に入りやすかったのか?

わかりませんが、マロちゃんが、「ウ~ウ~」嫌がっているのに、
わざと、寄っていくのでした・・・だからまた、そこで絶叫(>_<)

その度、「いいかげんにしなさい!!」と、私の叱る声に
他の子達もコワイ(>_<)と思っていたことでしょう^^;

タマを家に連れて来た、その日から9年半、
先住の猫たちに、ずっと我慢を強いてきてしまったのかと
思うと、胸が痛みます(T_T)

これからは、心静かにのびのびと過ごしてほしいです。
ただ、メバエの場合、高齢故に、安心して一気にボケてしまわないかと^^;

亭主が実感をこめて言いました。
「タマがいないと、ホントに家ん中、平和だよな~」・・・

タマとは、嫌われ者同士、仲良しだったくせに(-_-メ)



メバエ、マロちゃんと初対面(^^)の方は是非ご覧ください。

「未亡人(未亡猫?)のプライド」

「天使に貰った仔猫」


タマの関連記事

「うちのタマ知りませんか?」

「片目の問題児」



ふたつのランキングに参加しております。お気に召しましたらクリックして下さい。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


  1. 2010/05/23(日) 13:32:02|
  2. タマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落ち込みも励ましも猫に貰う

窓の外は雨。
気が滅入る・・・タマはどう過ごしているのだろうか?

思っていたところに、窓の外から猫の鳴き声!
「タマ?!!」
急いで窓を開けたとたんに、逃げて隠れたのは
「ブーちゃん2号」だった;;

bu1.jpg

ブーちゃんの兄弟と思われる「ブーちゃん2号」
数回ごはんをあげたのだが、ここ2ヶ月ぐらい見かけなかった。
写真が撮れたのは、これが初めて。

bu2.jpg

久しぶり~!お腹空いてるの? 食べなさい。
ガツガツ! 「おかわり~!」

すごい食べっぷり(^.^)
見ていて、なんだか気分転換ができたようで気持ち良かった。


そして、雨があがって晴天の今日も、朝からガツガツ張りきっている^^;

bu3.jpg

手前がブーちゃんで、奥が「ブーちゃん2号」
体形がそっくりで、間違えそうになるくらい。 やっぱり兄弟?

亭主も、「こりゃ、他人じゃねぇな~」と言っている^^

いずれにしても、チュミレの3番目の舎弟として、このままずっと、
ここにいるのだろうか・・・大変だけれど・・・どうぞ^^;(ヤケクソ)

だったら、正式な?名前を考えなくては。虚勢手術も!

bu4.jpg


bu5.jpg

痛々しい網戸;;
外側に1匹増えたところで、いつも内側にいた、タマがいない(T_T)
いったいどこに行っちまったんだ~(>_<)


帰ってくるかも知れないし、見つかるかも知れないし
まだ、わからないのですが、
別れがあると、出会いがあり・・・

そんな繰り返しが、私を押し進めて来たのかも知れません。
もし、立ち止まってしまったら、、
ズッシーン!ガックーン!と、くることでしょう、、
そのほうが恐怖です^^;;;



チュミレの舎弟たちと初対面の方は是非ご覧ください。

「ヤンキーの女王とその舎弟」


現在捜索中

「うちのタマ知りませんか?」




ふたつのランキングに参加しております。お気に召しましたらクリックして下さい。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



  1. 2010/05/21(金) 23:27:30|
  2. タマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ