金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

四十九日

昨日の晴れの予報は、ウソだったけど^^;


mkntisu1.jpg


今日は、ホントの晴天!


mkntisu2.jpg


風が、さらっとしていて、
空気も、日差しも、気持ちが良いの!

こんな日に・・・

彼女は、天高く・・・


mkntisu3.jpg


昇って行ったのね?!


mkntisu4.jpg

                           三毛婆ちゃん(18歳以上♀)

早いもので、今日は、
三毛婆ちゃんの四十九日だった。

あれから、ずっと、バタバタしていて、
これと言った、ご供養も、何も出来なかったけど(~_~;)

何も出来なかったどころか、
がっくりと、気が抜けちゃって^^;

三毛婆ちゃんの、最後のウン○さえ、
片付けられないまま、

明日こそ、明日こそ!と、
思いながらも、放置状態にしているうちに・・・


mkntisu5.jpg


ズド~ン!と、

その場所に、ぶっとい茎の、


mkntisu6.jpg


どでかい、草が生えた~!

アスファルトの隙間に、
力強く根を下ろし、咲いた花は、


mkntisu7.jpg


なにがなんでも、生き抜こう!って、
頑張って生きてきた、

三毛婆ちゃんの、猫生そのものって気がして、
嬉しくなっちゃった(^_^;)

だけど・・・

18年以上、立派に、生きてきたのに、
最後の2ヶ月間しか、一緒に過ごせなかった事は、

なんだか、ちょっと、寂しいから・・・

また、いつの日か・・・


mkntisu8.jpg


ここに、還って来てくれませんか?


mkntisu9.jpg


きっとね?

待ってますね?





関連記事です。

「最後の日向ぼっこ」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





                     今回のコメント欄は、お休みさせて頂きますm(__)m
スポンサーサイト
  1. 2016/04/19(火) 20:29:54|
  2. 三毛婆ちゃん

最後の日向ぼっこ

前回の記事に続きます。



knjnngio1.jpg

                     三毛婆ちゃん(18歳以上♀)

一昨日の朝から、体調が急降下してしまった、
三毛婆ちゃんだったが、

「ちゅ~る」を、お皿に入れて、
寝箱の中に入れると、一生懸命に舐めていたので、

この、食べる執念がある限り、
再び、立ち直れるのではないか?と、

祈る思いで、見守っていたのだが、

深夜になって、寝箱から出て、下に降りて、
アスファルトの上に、しゃがみこんでいるのを発見(*_*;

驚いて、慌てて駆け寄ってしまったので、
逃げて行ってしまうかと思ったら、

逃げもしないで、そのまま動かなかったので、
抱き上げて、寝箱に戻すと、


knjnngio2.jpg


ホッとした表情で、すぐに横になった。

もう、限界なのだと、
自分でも分かったのだと思う。

このまま、箱ごと、
家の中に入れてしまおうかとも、思ったけれど、

今更、余計な不安とストレスを与えるのは、
可哀そうなので、

とにかく、寝箱の中を温かくして、
殆ど眠らずに、一晩中、様子を見ていたが、

朝になってからは、とうとう、
「ちゅ~る」を舐めなくなってしまった。


knjnngio3.jpg


せめて、日向ぼっこをさせてあげようと、
寝箱をずらした時、

声は出さないのだが、
口をパクパク動かすので、

何か、言いたいのだと思って、耳を近付けたけれど、
もちろん、何だか、分からなかった。


でも・・・

もしかしたら・・・

そうなのよ! アタシ!
最後の最後まで、日向ぼっこがしたかったの!


と、言っていたのではないかと思ったら、


knjnngio4.jpg


どうして、あの日、突然、ここに来たのか?!

今まで、さっぱり、分からなかった理由が、
分かったような、気がして、なんだかドキドキしてしまった。


その後、彼女は、深い眠りに入り、
声を掛けても、目を覚まさないので、

お店の中に、寝箱を移動して、
様子を見ていたら、

完全に、日が暮れた、
午後6時半過ぎに、ス~っと、息を引き取った。

本当に、安らかな寝顔だった。


knjnngio5.jpg


そして、今日の昼過ぎ、

仔猫時代から、三毛のお世話をしていた、
院長先生と奥さんのY先生が、

お寺に連れて行くとの事で、迎えに来てくれた。


knjnngio6.jpg


行っちゃったね・・・


knjnngio7.jpg


いなくなっちゃったね?・・・


knjnngio8.jpg


寂しくなっちゃったね?・・・



いつも、別れは辛いけど・・・

今回の事での後悔は、一切ありません。

彼女と出会ってからの、約2ヶ月間。
ずっと、見守って、応援して下さった方々。

本当に、ありがとうございましたm(__)m





                      コメント欄は、お休みさせて頂きますm(__)m
  1. 2016/03/03(木) 18:53:40|
  2. 三毛婆ちゃん

急降下?

昨日は、いつもの半分の量しか食べないで、


mdakrmn1.jpg

                      三毛婆ちゃん(18歳以上♀)

すぐに、寝箱に戻ってしまった、三毛婆ちゃんが心配で、

夜、11時頃、介護食の缶詰を半分、
お皿に入れて、寝箱の中に置いたら、

きれいに舐めて、完食したので、
ホッと一安心できたのに、


mdakrmn2.jpg


今日は、鼻を付けただけで、ほとんど、食べない。

体調が、急降下しているようで、
微かに震えているように見えたので、

寝箱の中に手を入れて、毛布や、
使い捨てカイロを、取り替えてみたが、
何の抵抗もしなかった。

苦しそうには見えないけれど、
辛いのだろうか?

だけど、ほんの少しでも、食べたのだから、
また、急上昇もありえるかも?

三毛婆ちゃんの底力を信じて、


mdakrmn3.jpg


お日様から、パワーを貰えるように、
寝箱の位置をずらしてあげた。


mdakrmn4.jpg

                チリ子(推定2歳♀)

そして、若い子たちの、元気パワーも、


mdakrmn5.jpg

                     ゴローちゃん(1歳半♂)        ミルちん(2歳半♂)

たくさん、たくさん、分けてあげようね!




ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





                       今回のコメント欄は、お休みさせて頂きますm(__)m
  1. 2016/03/01(火) 21:40:29|
  2. 三毛婆ちゃん

最後のお世話係

今日は、どうなんだろう・・・

起こさないと起きないのか、
それとも、自力で起き上がるのか、

どんな様子か、裏に行ってみると・・・


gbtnmkby1.jpg

                        三毛婆ちゃん(18歳以上♀)

今日は、好調スタート?・・・かな?

自力で起き上がって、
チリ子の残したカリカリを食べていた(^_^;)

だけど・・・

寝箱の中は、おしっこでビショビショ(T_T)


gbtnmkby2.jpg

                         メバエ(享年22歳♀)

メバエお婆様が、オムツをしていたのは、
トイレまでは、自力で行くのだけれど、

トイレの前で、ジャ~っとしてしまうので、
オムツをはかせたのだが、

寝たままで、漏らしてしまうようになったのは、
亡くなる前の、数日の間だけだった。


gbtnmkby3.jpg


三毛婆ちゃんの場合、どうなのだろう?

でも、たぶん、これからは毎日、
三毛婆ちゃんの、寝箱の中身の総取替えは、続くと思う。


先日、Y先生に電話をした時に、
三毛婆ちゃんと出会った時からの、詳しい話を聞いたのだが、

その話では・・・


gbtnmkby4.jpg

                        この子は関係ありません^^;

たぶん、20年近く前、動物病院の出入り口の前に、
いつも置いていた、置きエサに、

ある日、まだ1歳に満たない、
三毛の姉妹が食べに来るようになった。

三毛なんだから、これは大変!
発情が来る前に、避妊手術をしなくては!と、

すぐに捕獲器を仕掛けて、
2匹とも、避妊手術をする事が出来た。

1匹は、とても人懐っこかったので、
里親さんとして、貰ってくれる人に渡す事ができたのだが、

もう1匹が、どうにもこうにも、すごい警戒心で、
ごはんは食べるけれど、一切、触る事が出来ないまま、

エサ場に居残る事になってしまった。
それが、今の三毛婆ちゃん(^_^;)

そのうち、道路の反対側の、院長先生一家の自宅に、
ごはんを食べに来るようになったので、

寝箱を作ってあげたりして、
しっかりと、その場所に居付くようになって、

それから十数年・・・

院長先生の家の、「外の猫」として、
奥さんのY先生が、三毛の世話をしてきた。

しかし、3年前に、同じ市内ではあっても、
かなり遠い場所に引越す事になったので、

このまま、ここに置いて行くわけにはいかない!と、
三毛を捕獲して連れて行こうとしたのだが、

捕獲器を仕掛けても、どんなに誤魔化しても、
どうにも捕まらなかったところ、

お隣の家のTさんの奥さんが、

いいよ~! いつも、
うちのベランダが好きで、寝てるんだから、

エサなら、うちであげるから、大丈夫だよ~!


と、言ってくれたので、
Tさんの、お言葉に甘えて、
三毛をおまかせする事にしたそうだ。

が・・・

しかし・・・


gbtnmkby5.jpg

                          今年1月初めの写真

今年になって・・・

どうして、ここに来て、今も居るのか?

本当に、どうしてだか、さっぱり分からないままだけれど・・・

私が、三毛婆ちゃんの、
最後のお世話係になった事は、間違いないのよね?


あれから、もうすぐ2ヶ月が経つ・・・


gbtnmkby6.jpg


病気も、進行してしまっているけれど・・・

これから、たぶん・・・

私たちに、今までに、経験した事がないような、
大きな波が、押し寄せて来るかも知れない。

それでも、負けずに、諦めないで・・・

一緒に、足を踏ん張って、
乗り越えてみよう?・・・ね?!




関連記事です。

「今を生きるための事」

「彼女の気が済むまで・・」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





                       今回のコメント欄は、お休みさせて頂きますm(__)m
  1. 2016/02/29(月) 20:55:18|
  2. 三毛婆ちゃん

今を生きるための事

1週間以上前から、
なかなか、寝箱から出ようとしないので、


mgbtong1.jpg

                      三毛婆ちゃん(18歳以上♀)

強制的に寝箱から出して、ごはんを食べさせる事が、
毎日、大変だった、三毛婆ちゃんだったけど、


mgbtong2.jpg


昨日も今日も、昼頃から、
寝箱から出て来て、ごはんが出てくるのを待っている。


だけど、それは、元気になったと言うよりも、
たぶん、寝箱の中が不快だから、出て来たのでは?

4日前から、連続で、
寝箱の中で、おしっこを漏らしているので、

毎日、中身を総取替え(T_T)

毛布の下に敷いている、ペットシーツが、
かなり、ビショビショなのは、

眠っている間に、気が付かないで、
漏らしてしまっているのかも知れない。

これも、何かの信号なのだろうか?


一昨日は、患部から、大量に出血があって、
ごはんを食べていた場所が、血だらけになっていて、

翌朝は、寝箱の毛布にも、
血がべったりと付着していた(>_<)


mgbtong3.jpg


今日は、出血は治まっているけれど、
きっとまた、出血すると思うので、

心配になって、Y先生に、電話をしてみた。

いろいろと話をして、
いろいろな方向から、考えてみたが・・・

止血剤を、ごはんに混ぜる事は、
出来るけれど、たぶん、苦くて食べない。

抗生剤を、ごはんに混ぜたとしても、
臭いに敏感な子なので、食べないかも知れない。

たとえばもし、捕まえて、
病室に入れる事が出来たとしても、

大嫌いな事をされたストレスで、
何も、食べなくなってしまうかも知れない。

そして、やはり、麻酔で死んでしまうと思うので、
手術は出来ない。



だから、結局・・・

今、薬を飲ませる事よりも、
治療をする事よりも、大切な事は・・・


mgbtong4.jpg


彼女が、今を生きるための事!

それを・・・

私が出来る限りの、お手伝いをする事!


それしか、無いの・・・


mgbtong5.jpg


でも、頑張ろうね?!

1日でも長く、生きるために・・・




関連記事です。

「18歳」

「私に出来る事」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





                       今回のコメント欄は、お休みさせて頂きますm(__)m
  1. 2016/02/26(金) 19:51:53|
  2. 三毛婆ちゃん
次のページ