金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

ずっと傍にいるよ。

大腸炎が癖になってしまっていた、アンコだけれど、
ここ1週間は、調子の良い状態が続き、ごはんも完食していた。


ika1.jpg

                     アンコ(推定9歳♀)

一昨日、お店の取引先の営業マンが、久しぶりにアンコの姿を見て、

「元気だった頃の、3分の1じゃないですか~!」と、
びっくりしたように言った。

確かに、メスとは思えない頑強な体格をしていたアンコを覚えていたら、
今のアンコはまるで別猫・・・驚くと思う。

「でも、この子はスゴイ我慢強い子だから、口の中が痛くても、
頑張って食べているけど、普通の子だったら、もう、とっくに、
食べる事を放棄して、入退院の繰り返しをしていると思う。
去年の夏に発病したのに、今まで1度も入院した事がないんだから。」

とは、言ったものの、
こんなに小さくなってしまった体で、この冬を乗り切れるのだろうか・・・

少し、心配になってきたが、今の調子なら、きっと頑張れると思った。


しかし、昨日の朝から、急にアンコのヨダレがひどくなってきた。
何度も拭き取っても、すぐに口の両脇に沢山出てくる;;
今までには、なかった量で、血も混ざっている(>_<)


ika2.jpg

        トト(推定15歳以上♂)                アンコ

急に、口内の痛みが激しくなってしまった様子。
そして、ピタリと、全く食べなくなってしまった;;

すぐにでも、病院で注射をしてもらえば、かなり痛みは楽になるはず。
しかし、あいにくの休診日・・・休日診療をお願いしようかと思ったが、

どうにか、少しでも食べさせる事ができたら、
明日でも大丈夫ではないだろうか・・・

本当なら、療法食以外、食べさせてはいけないのだが、
この際だから、食べてくれるのなら何でもいい!と思い、

元気な頃に、アンコが好きだったカリカリや缶詰を、目の前に
出してみたが・・・やはり、食べない(T_T)



でも、トトが食べている姿を、羨ましそうに見ているアンコ。


ika3.jpg



ika4.jpg


もしかしたら、トトと一緒にだったら食べるかも知れない。

そう思って、トトに協力してもらった。


ika5.jpg


食べる!
激痛が走るので、ついつい手が出て、撒き散らしてしまうが、
どうにか、少しの量ではあるけれど、頑張って食べた(^^)

激しい痛みに耐えながら、必死で食べている姿には迫力さえも感じた。
撒き散らすのが気になって、トトは食べるのをやめてしまったが^^;




ika6.jpg


今日、朝一番で、ステロイドを注射してもらったが、
まだ、ほとんど食べないで、やたらと水を飲んでいる。

でも、時間が経つとともに、痛みがやわらぎ、
また、沢山食べられるようになるはず・・・


アンコが、必死で生きようとしている姿。
やはり、トトの存在があってこそだと思います。

もし明日も、辛そうであれば、また注射に連れて行きます。
入院させるつもりはありません。

ずっと、トトの傍にいさせてあげたいから・・・
頑張ろうね、アンコ。





前回のトトとアンコの記事です。

「トトに感謝」




ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
  1. 2010/11/29(月) 18:24:59|
  2. トトとアンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ