FC2ブログ

金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

6年前の風邪

今回の、家の中の風邪騒動は、どうにか蔓延は免れて、
チョマ → プリン → ナッチ・・・

感染は、ここまでで済みそうな気がする。


kanb1.jpg

                     プリン(生後2ヵ月半♀)

でも、やはり仔猫のプリンは、一番症状が重いから油断禁物で、
なるべくケースに隔離しているのに、


kanb2.jpg

            コーちゃん(生後11ヶ月♂)

ちょっとケースから出すと、すぐにコーちゃんの傍に(~_~;)

どうして、こんなに乱暴な兄ちゃんが好きなのか、よくわからないけど、
元気があるからこそ、傍に行くのだと思う^^;


kanb3.jpg


コーちゃんに、うつちゃったら!!と、アセったりもしたが、
こんな時こそ、「○○は風邪をひかない」・・・で、あってほしい(^_^;)


kanb4.jpg

                         チョマ(12歳♂)

最初に、くしゃみが始まったチョマ。
今は殆ど、くしゃみをしていないし、食欲もあるので、もう大丈夫。


kanb5.jpg

                       ナッチ(6歳♂)

ナッチは、まだ、くしゃみは治っていないけれど、
元気に沢山食べているので、もう少し飲み薬を続ければ、完治すると思う。

今回の風邪は、感染力が弱かったようなので、まだ油断は禁物だけれど、
少し、ホッとしている。


一時はどうなるかと思った;;

6年前の、悪夢のような風邪の蔓延を、思い出してしまった(*_*;

6年前・・・その頃、我が家で7匹のポインターが産まれたのだが、
1匹、なかなか母乳に吸い付く事ができずに、体温が下がり、
危険な状態の仔犬がいて、生後2日目から、私が授乳する事になった。


kanb6.jpg

         生後7日目ぐらいの、まだ目も開いていないマルコちゃん(英ポインター♀)

とにかく体を温めて、2~3時間おきの授乳は、かなり大変だった。

そんな時に限って、猫たちが、次から次へと、質の悪い風邪の症状;;
当時、家の中の猫は8匹だったのだが、8匹中7匹が感染(>_<)

その中でも、高熱を出して、動揺するくらいグッタリとしてしまったのが、
やはり、チョマとナッチだった。


kanb7.jpg

                         当時のチョマとナッチ

チョマとナッチはもちろん、他の子たちも、病院に連れて行ったが、
1日、何往復もして、クタクタのところ、乳飲み子がクンクン泣くし、
私こそ、泣きたい気持ちだった(T_T)

今となっては、思い出話だけれど、
あの時の体力は、今の私には、もう無い(~_~;)

だから今回、最悪の事態は、どうにか免れて、本当に助かったと思う。
そして、これからも、そんな事態にならない事を祈るしかない(^_^;)

ところで、8匹中7匹・・・

と、言う事は、1匹、感染しなかった子がいる・・・


kanb8.jpg

                        メバエ(19歳♀)

やはり、このお方(^_^;)

今日も元気に、美味しいごはん♪

本当に、爪の垢を煎じて、チョマとナッチに飲ませてあげたい(~_~;)




関連記事です。

「気だるく重い空気」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト



  1. 2011/10/16(日) 17:56:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12