FC2ブログ

金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

噂の真相

チャオが、お店に来てから、
早いもので、5ヶ月以上が経っていますが、


stctbrg1.jpg

                             チャオ(7歳♂)

今でも、チャオと飼い主だったお爺さんの事を、よく知る、
市営住宅の方々が、チャオに会いに来ています。

そこで、また・・・

チャオの兄弟の、しんちゃんの話が浮上しました。


stctbrg2.jpg

                      しんちゃん 生後4ヶ月

仔猫の時から、江戸川土手の方々に、可愛がられていた、しんちゃんですが、

ある日、突然のように、

しんちゃんは、市営住宅に住む、お婆さんが飼っていて、
その、お婆さんは亡くなってしまったらしい。


と、噂を耳にしました。


stctbrg3.jpg

                             1歳

だけど、しんちゃんは、ずっと、
お外で、自由に楽しく過ごしているのを見てきましたから、


stctbrg4.jpg

                              2歳

いったい、いつ?

お婆さんが飼っていた時期が、どこにも当てはまらないのです。


stctbrg5.jpg

                             3歳

本当に、飼い主と帰る家を亡くした、可哀そうな子なのだとしたら、
とっくに、保護をしていました。

なので、きっと、


stctbrg6.jpg

                          ミー子

それこそ本当に、飼い主だったお婆さんを、亡くしてしまって、
寂しい思いをしていた、ミー子の話が、

しんちゃんにまで、被ってしまい、
話がゴチャ混ぜになっているのではないかと思っていました。

それが、今になって、
やっと、分かってきたのです。


stctbrg7.jpg

                              4歳

しんちゃんが、たぶん3歳ぐらいの頃、市営住宅に住む、
独り暮らしのお婆さんが、人懐っこい、しんちゃんの事を気に入って、


数日間、自分の部屋に、監禁していた事が分かりました。

だけど、野良猫のしんちゃんにとっては、ありがた迷惑な事で、
しんちゃんは、玄関で必死に、帰りたい!と、騒いでいたところ、

その、しんちゃんのかすれた声を、
(しんちゃんは、ケンカで声を潰しています)

外からドア越しに聞いた、
同じ階に住む、TOさん(女性の方)は、

その、お婆さんが、しんちゃんを仔猫の時から、内緒で飼っていて、
近所にバレないように、声を潰していたのだと思い込んでいたのです。

(市営住宅は、ペット禁止です。チャオは例外かな?^^;)

それにしても、内緒にするために、「声を潰しちゃう」だなんて、
すごい想像力と言うか、すごい思い込みですよね~(^_^;)

なので、しんちゃんの仔猫時代からの写真を見せてあげたら、
びっくり仰天していました。

だけど、TOさん、その思い込みを、本当の話として、
しんちゃんを可愛がっている何人かの人に、

この子は、お婆さんが仔猫の時から飼っていたので、人懐っこいんです。
だけど、そのお婆さんは、亡くなっちゃったんです。


と、話してしまっているので、
じわじわと、その噂が広まってしまったのですが、

この、噂のために、
とんでもない事が起きてしまったのではないでしょうか?


stctbrg8.jpg

                            5歳

例の猫ボラは、この周辺の詳しい事は、何一つ知らないのに、
その噂だけは、鵜呑みにして信じきっていたようなので、

宮城県に、しんちゃんを送った張本人のNも、
この噂を信じていたのだと思いますが、

肝心なのは、しんちゃんを受け取った人です。

きっと、「元々は、飼い猫だった」として、
安易な気持ちで、受け取っていると思います。

だけど、それでは、無理! 無理なんです!


stctbrg9.jpg

                      5歳   連れて行かれる日の前日

しんちゃんは、人懐っこいけれど、
ものすごく、自分の意志が強い、野良猫です。

きっと、逃げ出しているのではないかと思うのです。

そして、Nが、ISさん(優しいおじさん)に、
写真を届けると約束したのに、嘘をつき続けて、届けていない事。

私たちにも、写真は無いと言い切っている事。

それと、Nの職場は、すぐ近所なので、
たまに、バッタリ会ってしまう事がありますが、
いつでも、慌てて踵を返し、逃げて行ってしまうのです。

正当な保護をしたと思っているのなら、
そして、しんちゃんが、本当に幸せに暮らしているのなら、
逃げる必要は、全く無いはずです!

前に1度、猫ボラにも、たくさんの人たちが心配しているのだから、
写真を見せるように言いました。

そしたら、私では、ブログに載せられちゃうから(-_-;)
ISさんに届けると言っていましたが、

それも、やっぱり、嘘でした!

こんなに、嘘だらけで、
逃げ出している可能性も、高くなってきているのに、

ただ、ただ、しんちゃんの無事を、
何もしないで祈っているわけにはいかない!


そう思って、今回、




どこでどうしているのか、まったく分からないままの、しんちゃんの事を、
少しでも多くの人の目に、留めておいて頂きたいと思って、

新規のブログを、立ち上げたのです。

連れて行かれてから、1年半が経ってしまい、
本当に、今更なのですけれど、

このままでは、どんなに時間が経っても、
しんちゃんに関わった人たちの、心配する気持ちは消えません。

大変、恐縮しておりますが、
拡散出来る方、リンク出来る方、
どうか、宜しくお願い致しますm(__)m



関連記事です。

「あれから1年・・」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


MIXランキング




                     コメント欄は、お休みさせて頂いていますm(__)m
スポンサーサイト



  1. 2019/05/04(土) 22:17:51|
  2. 江戸川土手の猫たち