金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

アンコの抱っこ

店の出入り口は東向きなので、晴れた日の朝のうちは、
ガラス越しに日向ぼっこができる。
一昨日の朝は、久々にトトとアンコが気持ち良さそうにしていた。


adn1.jpg


毎年、冬の晴れた日は、毎朝ここで過ごすのが2匹の日課だったが、
病気になってからのアンコは、お客さんの出入りに警戒して長居はできなくなっていた。


adn2.jpg


でも、最近のアンコは、お客さんに跨がれようとも、じっとして動かない^^;
野良癖が直らず、警戒心の強いアンコだったのに・・・でもこれは、
人に懐いたと言うよりも、動く気力すら無くなってしまったのかも知れない。

でも驚いたのは、大嫌いだった抱っこが、できるようになった事。
しかも、ずっとゴロゴロ言っている^^;


adn3.jpg


ガリガリに痩せてしまった体の重さは、たぶん元気な頃の半分以下だと思う。
改めて実感した(>_<)

元気な頃に、仰向けに抱っこをする度に、必ず暴れて、何度もケガをした私(*_*;
それが今は、抱っこをされていることが、たまらなく嬉しそうで・・・


adn4.jpg


毎晩、トトとアンコと一緒に店で過ごす時間。
今迄ずっと、アンコのスキンシップは、ほとんどトトに任せていた。


adn5.jpg


あと、どれだけの時間、抱っこをしてあげられるのか、わからないけど、

残り少ない時間を、甘えるだけ甘えて過ごしたい、と、
アンコが願っているようで・・・



注射に通っていながらも、ほんの少ししか食べられなくなっています。
「入院」と、言われたら、断りたい気持ち・・・迷っています。

できることなら、抱っこしながら、トトと一緒に見送ってあげたいのですが・・・





関連記事です。

「アンコの生きる支え」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
  1. 2010/10/25(月) 17:53:05|
  2. トトとアンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<寒いと仲良し | ホーム | 予想外の被害者>>

コメント

長く一緒にいたい、でも治療もちゃんと・・・と思うと悩みますよね。。。
どちらを選択してもわずかばかりの後悔はしてしまうような気がします。

あんこもトトも少しでも長く一緒に過ごせますように!

  1. 2010/10/26(火) 00:47:54 |
  2. URL |
  3. ニーナ #-
  4. [ 編集 ]

通じる思い

毎日お忙しそうですね!
たくさん居ると猫の世話だけで大変だと思います。

アンコちゃん、、抱っこされるようになりましたか。。
きっとtyaremeさんの心が通じてるんでしょうね。
その軽い体で「ありがとう」といってるような気がします。
大好きなトトちゃんが傍に居てくれて、朝の暖かい日差しの中で幸せなアンコちゃん。

生きてるって素晴らしい事なんだけれど、何故か哀しいですね。。
私達も一生懸命、生きていきましょ!
  1. 2010/10/26(火) 05:52:00 |
  2. URL |
  3. sae #5e.ed5Lg
  4. [ 編集 ]

Re: ニーナさま

コメントありがとうございます。

アンコが人懐っこくて、おとなしく点滴を受け入れられる性格なら、
入院も、そんなにためらわずに連れて行けるのですが・・・

1年以上も頑張って闘病したアンコですから、
最後は、病室ではなく、トトの傍に居させてあげたいのです。

でも、まだアンコは、頑張っていますよ(^^)
心配していただいて、トトもアンコもきっと感謝していますm(__)m

  1. 2010/10/26(火) 12:40:45 |
  2. URL |
  3. tyare #-
  4. [ 編集 ]

Re: 通じる思い saeさま。

こんにちは~。いつもありがとうございます。

アンコはトトと出会わなければ、きっと人間には一切触れさせない
キツいメス猫のままだったと思います。
アンコにとっての、トトとの出会いは、まさしく一期一会だったのでしょう。

今日の朝ごはんは、久々に多めに食べてくれました(^^)
まだまだ大丈夫かも知れません。ただ、お腹の具合がどうなるか??

本当に、哀しくなるような試練を乗り越えて
一生懸命生きていけば、いつか光が見えてきますよね、きっと。

  1. 2010/10/26(火) 12:53:11 |
  2. URL |
  3. tyare #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rintyare.blog97.fc2.com/tb.php/136-6465287f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)