金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

改めての絆

昨日も今日も、朝から秋らしいカラッとした晴天。


ioa1.jpg

        トト(推定15歳以上♂)             アンコ(推定9歳♀)

ここ数日、少し元気なアンコを、ガラス越しの日差しだけではなく、
せっかくの晴天なのだから、日差しの下に出してあげようと思って、
裏の、日当たりの良い場所に連れて行った。


ioa2.jpg


久々に日の光を浴びて、少しは嬉しそうにするかと思ったのに、
なんだか寂しげに、周りを見回して動かない。
私の傍から、離れようとしないのだ。


ioa3.jpg


かつてはアンコの縄張りだった場所なのだから、行きたい場所に、
ぐいぐい引っぱってくれれば、お供してあげようと思っていたのに、
まるで飼い猫の、紐付きお外デビュー状態(~_~;)


oia4.jpg


結局、ぐいぐい私を引っぱって、自分からお店に帰ってきた。


ioa5.jpg


まるで、お外が怖かったかのように、店に入ってからのほうが、
表情がイキイキしていた^^;


去年の6月までは、こんな弱さのカケラもなかった、強いアンコ。
でも、その強さが裏目に出て、こんな、治らない病気になってしまった。


何度も話を繰り返してしまうようですけれど;;

そもそもの始まりは、トトが、口内炎を伴う、ひどい風邪をひいてしまった事。
それは、昨年の悪夢の6月末。

口の中の強烈な痛みと熱で、食事も摂れないトトに、流動食を
無理やり口に流し込み、注射に通う毎日は大変だった。

どうか、アンコにうつらないでほしい!と、思っているそばから、
アンコも全く同じ症状になってしまって(>_<)

たぶん暴れて、ネットにも入れられないアンコの通院は、無理だと思い、
先生に頼んで、飲み薬を貰ってきた。
どうにか、捕まえて急所を押さえて、薬を飲ませようとしたら・・・

後ろ足で、私の右足のアキレス腱に、思いっきりキックを入れて逃走(>_<)

その後、何日も篭城したり、逃走したり、行方不明になったり(*_*;
痛い右足を引きずりながら、どうにか連れ戻そうとしたが、

私を信用していない、頑固なアンコには通じなかった(T_T)
やはり、自力で治そうとしていたのだと思う。

その間、トトは7日間連日の注射が効いて、自分から食べるようになり、
口内炎も、みるみる小さくなり、すっかり元気になった。

なのに、アンコはその後も2週間以上、私の顔を見るなり逃げ続けた。

逃亡生活の疲れと体の衰弱で、やっと諦めて、私に捕らわれたアンコを
すぐに病院に連れて行った時には、口内炎は通り越して、
「口内潰瘍」・・・もう治らない、哀しい病名になってしまっていた。



あれから1年以上の闘病生活。
最近のアンコは特に手が掛かる状態です。

あの時、トトと一緒に通院することさえ、できていれば、今頃は・・・
ため息混じりに、何度か思ったこともありますが、

これはこれで、アンコと私の運命なのかも知れません。
闘病生活を通して、やっと、アンコとの絆が強くなったのですから(^^)
一緒に頑張らなくては!





関連記事です。

「野生のプライド」

「ひとりぼっちの休日」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
  1. 2010/11/06(土) 17:19:08|
  2. トトとアンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<猫も歩けば猫にあたる;; | ホーム | 野生のプライド>>

コメント

白X黒の子は気が強い、と聞いた事がありますが
(我が家の雪ぽんも同じ・・・)
アンコちゃんもそうなんだな、っと思いました。

完全室内飼いをしていれば防げたかもしれない病と思うと
飼い主としては葛藤するところでしょうが
やっぱり、賛否両論あるとは思いますが
私は猫の意思を、ある程度は尊重すべきと思っています。

アンコちゃんは、今辛いけれど、自由に生きて来れたのは
tyaremさんのおかげなんですよね!それは事実です。
  1. 2010/11/06(土) 22:20:44 |
  2. URL |
  3. くろまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: くろまるさま

こんにちは~。お忙しいところコメントありがとうございますm(__)m

今だからこそ、おとなしいアンコですが、とにかく異常と言ってもいいくらい^^;
キツイ性格だったのです。私も生傷が耐えませんでしたe-442

アンコと出会った時は、たぶん1歳半ぐらいだったと思います。
絶対に触れない野良猫でした。

雪ぽんは、気が強いと言うか、コワいもの知らずのお嬢様(^^)
ホントに「陽」そのものです。
その性格が、私のツボにはまってしまうようで、可愛くて爆笑(^_^;)

まだまだ闘病生活が続きそうですが、雪ぽんとミーたんに癒されながら頑張ります!
  1. 2010/11/07(日) 12:45:38 |
  2. URL |
  3. tyare #-
  4. [ 編集 ]

お店に戻ってからの表情かな?
tyareさんを見上げる顔がかわいいですね(^^)
痛いんだろうな・・・
つらいんだろうな・・・
って思うけど、こんなに穏やかな表情を見れて
すごくうれしいです

tyareさん、リンク、貼らせていただいてもいいですか?
  1. 2010/11/08(月) 17:51:34 |
  2. URL |
  3. 温花 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 温花さま

こんばんは~。いつもありがとうございますm(__)m

アンコって、以外に実物は、けっこう可愛い顔をしていると思います^^;
声も、とっても可愛い声です(本性さえバレなければ^^;)

でも、痛みに耐える根性は、野良のオス猫よりも強いかも知れません。
きっと、まだまだ頑張ってくれると思います。ご心配かけて申し訳ありませんm(__)m

頑張っているトトとアンコの記事を、中心に更新して行きたいと思っていますが、
他にも頑張って生きている子たちも大勢いるものですから、
ごちゃまぜで、ホントに読みにくくて申し訳ないブログなのに、
リンクして頂けることは、とっても有難いことですm(__)m

私も、サブちゃんたちに、これからも癒してもらえること、とっても楽しみにしています♪
  1. 2010/11/09(火) 00:47:20 |
  2. URL |
  3. tyare #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます
今、出先なので戻ったら、早速リンクさせていただきます(^_^)
もちろん、トトさん、あんこちゃんだけでなく、他のネコちゃんたちのお話も楽しみにしてますネ
  1. 2010/11/09(火) 11:56:20 |
  2. URL |
  3. 温花 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 温花さま

こちらこそ、宜しくお願いします(^^)
  1. 2010/11/09(火) 14:39:46 |
  2. URL |
  3. tyare #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rintyare.blog97.fc2.com/tb.php/142-b6c2db80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)