金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

ナッチとミーちゃん

一昨々日の2日に、私の実家に亭主とふたりで、
毎年恒例の新年の挨拶に行って参りました。

近いからこそ、滅多に帰らないので、父も母も楽しみにしています^^;


それでは飲みましょう! と、おせち料理が並ぶ、こたつに足を突っ込むと、
なにやら、フニャっとするものが・・・


nmi1.jpg

                        ミーちゃん(5歳♀)

すごいビビリで、隠れていたのでしょうけど、
「見~付けた」 

ミーちゃんは、我が家出身。でも仔猫時代の事など、
覚えているわけが、ないよね~(~_~;)


nmi2.jpg

                   ナッチ        ミーちゃん  (2005年7月頃の写真)

船橋の夏見から届いた、白黒の衰弱した仔猫(ナッチ♂)を
保護して看病していた数日後に、今度は倉庫で、また衰弱した仔猫を発見;;

数日間、大変だったけど、どうにか元気になった2匹は
姉弟のように、仲良く過ごしていた。


nmi3.jpg


でも、既に家の中には、先住の猫が7匹いたので、
いくらなんでも、定員オーバーにも限度があると思い、

丁度その頃、長年飼っていた犬を亡くして、寂しそうだった実家に、
1匹貰ってもらう事にした。

犬しか飼ったことがない、父と母に、猫の可愛さを実感させる
チャンスだと思い、初めて猫を飼うなら、メスのほうが飼い易いだろうと、
別れは辛かったけど、三毛の仔猫を実家に連れて行った。

あれから、5年半ぐらい経つのだろうか・・・
父も母も、犬とは違う猫の可愛さが、わかっただろうと、思いきや・・・

「なんだか猫は、犬と違って、素っ気無くてダメだな~・・・」と、父が言う(*_*;

なんてこと言うの!・・・


どうも、ミーちゃんが認めている「好きな人間」は、母だけのようで^^;
父が、こたつからミーちゃんを引っ張り出して、
抱っこをして、私たちに見せてくれたが・・・


nmi4.jpg


なんだか、人を疑う眼差し(~_~;)


nmi5.jpg

                     「いや~~~~!!」

超ビビリは、やはり、DNAなのだろうか・・・(*_*;


nmi6.jpg

                       倉庫のマメちゃん(6歳♀)

ミーちゃんの産みの母、マメちゃんは、やはり超ビビリ^^;
もう5年も、ごはんをあげているのに、ちょっと触ろうとしただけで
猫パンチ炸裂(*_*;


nmi7.jpg

                        「カユッ・・」

他の猫たちにも、同様に猫パンチで寄せ付けない、人見知りの猫見知り^^;

外見は似ていない母と娘だけれども、
しっかりビビリだけは遺伝しているようで 



実家の部屋の片隅には、猫のおもちゃが沢山あって、
それは、全部独り占めで、可愛がられているはずなのに・・・


ナッチ・・・おもちゃ独り占めできるよ!交代する??

nmi8.jpg

        ナッチ(5歳♂)    「??・・・やだ~~~!!」

我が家では、おもちゃを独り占めすることなんて、できないけど、


nmi9.jpg


おもちゃよりも、大切な友達がたくさんいるものね(^^)


ナッチとミーちゃん、どっちが幸せなのかは、わかりませんが、
これで良かったのだと、思うようにしています^^;

もともと、仔猫を里子に出す事が、苦手で嫌いな私です・・・
ですから、どうか今年もまた、仔猫を拾いませんように^^;;;





関連記事です。

「孤独な「紅一点」」

「夏見の置き土産」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
  1. 2011/01/05(水) 18:28:42|
  2. ナッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生きるチカラ | ホーム | スタートです!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rintyare.blog97.fc2.com/tb.php/171-3277723d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)