金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

思い出ちびちび・その3

7年間のブログを振り返ってみて・・・


snshgunk1.jpg


もちろん、笑っちゃった事、嬉しかった事、


snshgunk2.jpg


楽しかった事、たくさんあったけど、


snshgunk3.jpg


悲しかった事も、たくさん、たくさん・・・

それでも、いつも自分の中で、冷静に受け止めるように、
努力する癖がついてしまっているのか、

1度も、号泣した事がなかった。

だけど、ブログを始める前に、
1度だけ、号泣した事があって、

それは、8年前・・・


snshgunk4.jpg


仔猫の時から、ずっと倉庫で仲良く暮らしてきた、
ハルとナオの兄弟と、チビ太。
(チビ太の兄弟は、1歳の時に亡くなりました)

ずっと、このまま、仲良く楽しい日々が、
続くものだと思っていたのに、


snshgunk5.jpg


ある日の夜、ナオがチビ太を虐めている姿を見た時は、
すごいショックで、悲しかった。

でも、ナオの事を、きつく叱ったし、
悪ふざけが、行き過ぎてしまっただけで、

すぐにまた、仲良しに戻れると願っていた。

しかし、その数日後、


snshgunk6.jpg


突然、チビ太は、倉庫から、姿を消してしまった。

思い当たる場所を、捜しまくったけれど、
見付らないまま、5日が経とうとしてした日に、

雨が降ってきたので、
洗濯物を取り込み、部屋の中で干していたら、

急に、すごい勢いで、悲しみが込み上げてきて、

立っていられなくなり、その場にしゃがみ込んで、

死んじゃうよ~・・・

死んじゃうよ~・・・


って、大声を出して泣き崩れてしまい、
いつまでも、涙が止まらず、

そんな私の姿を、不思議そうに、
部屋の中の猫たちが見ていた事。

今でも、はっきりと覚えている。

その後、気を取り直して、

何度も捜した場所だけど、絶対に諦めるものかと、

チビ太~・・・チビ太~・・・

と、呼び続けていたら、

ニャ~・・・

と、弱々しいけれど、確かにチビ太の声が聞こえた!


snshgunk7.jpg


この写真は、昨年、チビ太がサボっているところを、
2階から発見して、写した1枚なのだが^^;

隣の家と塀の間の、この場所、
その時は、ここから右に、2メートルぐらいの場所だったが、

心身ともに衰弱した、チビ太がうずくまっていた。

亭主に、手伝ってもらい、
はしごを持ってきて、塀を乗り越えて、

チビ太をネットに入れて、
どうにか救助する事が出来たが、

すごい高熱が出ていたので、
すぐに病院に連れて行き、


snshgunk8.jpg

                    その時の写真ではないけれど^^;

その晩から、1週間ぐらい、
お店の中のケージで、療養生活をさせた。

窮屈な思いをさせてしまっているけれど、
なんだか、とっても嬉しかった。

だって、チビ太と再会できたんだもの。

あの時・・・

チビ太が返事をしてくれなかったら、
いったい、どうなっていたのだろう・・・


snshgunk9.jpg


チビ太くん・・・

やっぱり、特別な絆があったのかな~?

って、思いますよ?(^_^;)

だから、これからも、ずっと一緒に、
頑張ってくれていると思いながら、

もう少し、頑張ってみるね?(ちょっと弱気だけど^^;)




関連記事です。

「思い出ちびちび」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




                     コメント欄は、お休みさせて頂いていますm(__)m
スポンサーサイト
  1. 2017/02/19(日) 22:27:06|
  2. 思い出ちびちび