金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

最後の思い出

チビ太地方の今朝の最低気温は、マイナス1℃(*_*;


isnsgdk1.jpg


日中も、あまり気温は上がらなかったけど、

日向は、別よね?!


isnsgdk2.jpg


昨年の今頃は、こんなに寒くはなかったけれど、

寒さが、チビ太に付きまとっていた病魔を、
強気にさせてしまったのは、間違いないと思う。


isnsgdk3.jpg

                     昨年 1月10日 午後1時

朝ごはんは、いつもより多く食べたし、
特に心配もなく、いつものように、

日向を満喫していた、チビ太だけれど、


isnsgdk4.jpg

                           午後7時

夕ごはんは、一切、食べなかったので、
仕方なく、a/d缶をシリンジで食べさせていた。

深夜になっても、2回ほど食べさせて、
後は、明け方にでも、また食べさせようと思っていたのに、

ふと、目が覚めたときは、
日付が変わって、1月11日の午前6時だった。

ありゃっ!と、起き上がって、お店に行くと、


isnsgdk5.jpg


チビ太は、この場所から、2メートルほど、後ろの場所で、
ペタンと這うような体勢で、私に助けを求めていた。

後ろ足が、両方とも麻痺している!

とうとう、「その日」が来てしまったのだ!
と、直感したが、焦らずに、

すぐに抱き上げて、しゃがみこんで、

大丈夫! 大丈夫♪
お1、2! お1、2!
・・・って、

動かなくなった両足を、屈伸させ続けていたら、

チビ太が、ゴロゴロ言い始めて、

ほら! 大丈夫だよ! 大丈夫だから、治るからね!

って、言ったら、やっぱり、嬉しそうにゴロゴロ言っていた。

抱っこが嫌いなはずで、ましてや、仰向けに抱っこされるのは、
もっと、大嫌いなはずの、チビ太が、

本当に、とっても嬉しそうに、
ゴロゴロ言っているのは、初めてだった。

そして、今までで、1番、可愛かった!

このまま、ずっと、
抱っこをしていようかとも思ったけれど、

そっと、寝箱に寝かせてみたら、
やっぱり、ゴロゴロ言っていて、


isnsgdk6.jpg


いつものように、シリンジのa/d缶を、
嬉しそうに、食べたから、

これから、病院に行けば、
足の麻痺は、残るかも知れないけれど、

きっと、大丈夫!

って、その時は、思ったのだけど・・・


病院に着いてからの事は、
チビ太は、忘れていると思うから・・・

私も、忘れる事にして・・・

最後の記憶として・・・


isnsgdk7.jpg


もちろん、その時の、写真なんか無いけれど、

チビ太を抱っこしながら、
お互いで、励まし合った事。

その時のチビ太が、12年間で、1番!
本当に、可愛くって、愛おしかった事。



それが、私とチビ太の、最後の思い出です。

そして、一生の宝物だと、思っています。

あれから、1年が経ってしまって、
今更の話ですけれど、

今でも、チビ太を愛して下さっている方々に、

感謝をこめて・・・




関連記事です。

「大好きな日向」

「訪れた日」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




                     コメント欄は、お休みさせて頂いていますm(__)m
スポンサーサイト
  1. 2018/01/12(金) 23:25:11|
  2. チビ太