金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

Re: アンコより

こんにちは。アンコです。


hesa1.jpg


野良出身の、こんなアタシに、たくさんのメッセージ。
まるで、たくさんのお花を貰ったみたいで、
嬉しくて、嬉しくて・・・

本当に、どうもありがとう。


野良猫だったアタシは、もちろん人間なんて信じていなかったし、
近寄ってくる、スケベなオス猫たちも、皆、ぶっ飛ばしちゃって、
友達もいなかった。

ただ、可愛い声を出すと、ごはんをくれる人間がいる事は、わかっていたけど・・・

8年前の、1月の寒い夜。
ブロック塀の上に座っていたら、近くからアタシを見ている、
オバサンと、大きなオス猫がいたの。

そのうち、その大きなオス猫が近寄って来た時、
産まれて初めて、「怖い」って思って、逃げ出したら、
追いかけて来て、本当に殺されるかと思った。

でも、そのオス猫は何もしないで、オバサンの所に戻って行った。

それが、トトとお母たんとの出会い。

怖かったけれど、次の日もまた、ナゼだかトトに会いたくて会いたくて、
こっそりと、お店を覗きに行ったら、トトがストーブの前で、
てんこ盛りのごはんを食べていて、羨ましかった~。

覗いているのが見つかっちゃって、逃げようとしたら、
オバサンが、アンタも食べなさい!って、トトと同じごはんをくれた。
美味しかった~。

それから毎日、お店を覗きに行くと、ごはんが出てきて、
「アンコちゃん」って名前まで付けられちゃった。

「寒いから、アンコちゃんも中に入りなさい」って言われたけど、
いろんな人間のオヤジが出たり入ったりしているから、入りたくなかった。

オバサンがダンボールで寝箱を作って、お店の脇に置いてくれたから、
中に入って寝ていたら、トトが入ってきたの。

びっくりしたけど、暖かくって柔らかくって、気持ち良かった。
これが、きっと「幸せ」って言う事なんだ!って、初めて知ったの。


それからは、ずっとトトと一緒。


hesa2.jpg


毎日が、楽しくて楽しくて、片時とトトと離れたくなかった。


hesa3.jpg


大好きなトトとの楽しい毎日が、ずーっと続くと思っていたのに・・・

2年前の6月だった。
トトと一緒に変な風邪をひいてしまって・・・

トトは毎日、お母たんと病院に通って、治ったけれど、
人間を信じていないアタシが、どうして病院に行くの?

冗談じゃないわ!って、逃げて隠れていたら、どんどん酷くなるばかり;;
そのうち、お母たんに捕まって、病院に連れて行かれたけれど、

もう治らないって言われちゃって・・・
その日から、ずっと、お店で過ごす事になった。


hesa4.jpg


最初は、すごく嫌だったけど、いつもトトが傍に居てくれたから、
我慢できたし、楽しい時もあったから、すっかり慣れちゃった。

お母たんのことも、大好きになれたの。


hesa5.jpg



hesa6.jpg


病気と闘うのは辛かったけど、


hesa7.jpg


トトが傍に居てくれる時は、とっても幸せで、
辛い事なんて、全部忘れちゃった。

本当に、トトと出会えて、アタシは幸せだったと思う。
産まれてきて良かった。生きてきて良かった。

ありがとう、トト。
これからも、ずっと一緒だよ。





関連記事です。

「かつては最強のメス猫」

「病気になって学んだ事」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




                    今回のコメント欄は、お休みさせていただきます。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/05(木) 18:47:27|
  2. トトとアンコ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://rintyare.blog97.fc2.com/tb.php/236-8e92f9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)