FC2ブログ

金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

終われません!

ずっと、悪天候が続いて、
満開の時期を、見逃してしまったところに、


edadrwtsm1.jpg


昨日の土砂降りの雨と、今日の猛烈な強風で、
たちまち、花が散ってしまった、江戸川土手の桜の木


edadrwtsm2.jpg


それでも、頑張って咲いている、
小さな花を見上げると、心が和み、元気が出て来る


edadrwtsm3.jpg

                       2014年4月2日 チャオ(当時2歳)

6年前の今日、チャオは、この桜の木の下から、私を見上げていた(^^)


edadrwtsm4.jpg

                       しんちゃん(当時2歳)

しんちゃんも、傍に居たのよね!

桜の花を見上げると、嬉しくなるように、
ここで、駆け寄って来る、しんちゃんを見付ける度に、

どれだけの人たちが、嬉しい気持ちになったのだろう。

たくさんの人たちを癒してくれて、愛されていた、しんちゃん。


edadrwtsm5.jpg


なのに、そんな事も、何ひとつ知らない人間が、突然、
ここから、何百キロも離れた場所に、しんちゃんを荷物同様に送ってしまった事。

未だに、誰も理解が出来ませんし、納得も出来ません。

その人は、しんちゃんを宮城県に送った事を白状した後に、

元気に暮らしている、しんちゃんの写真を見せる事と、
江戸川土手には、もう2度と来ない事を、約束したそうですが、

写真は、見せるどころか、「無い」と言い切り、
元気でいるのですか?生きているのですか?と聞いても、何も答えない。

そして、その後、江戸川土手で、その人の姿を見掛けた人が、何人もいるのです。

こんな事もありました・・・


edadrwtsm6.jpg


桜の木から少し離れた場所に、数匹の地域猫がいて、

その場所に、ある日突然、蓋を開けた缶詰が、いくつも並べられて置いてあり、
ハエがブンブン集っているのを、エサやりさんが発見して、
自分がやったのかと思われてしまうので、急いで片付けて捨てたのですが、

それが、何回も続き、いったい誰が、こんな事を!と腹を立てていたら、
やっと、現場で、蓋を開けた缶詰を並べている人と出くわしました。

その人です! 江戸川土手には2度と来ないはずの、Nでした!

そんな話を耳にしただけで、また、例の猫ボラを連れて来るのでは?と、
江戸川土手の皆さんは、とても不快な気持ちになります。


edadrwtsm7.jpg


だから、しんちゃんの事、終わりになんてできないんです。

正当な猫ボランティアさんたちに、お聞きしたいです!

ひとつも、約束を守れないような人に、猫を渡せますか?!






関連記事です。

「思い出シーバ」

「無駄な時間」



ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


MIXランキング




                     コメント欄は、お休みさせて頂いていますm(__)m
スポンサーサイト



  1. 2020/04/02(木) 23:46:04|
  2. 江戸川土手の猫たち