金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

家庭内出産事件

momo.jpg


4年前の7月22日の事でした。
我が家の押入れで4匹の仔猫が産まれました。
大変でした~!(>_<)

その日の1週間前に、出会ってしまった若い妊婦の三毛猫。
それも、縁?運命?だったのだろうか?

飼い猫だったのに、お腹が大きくなってしまった為に、捨てられたらしいと、
餌をあげている人から聞き、どうにもたまらない気持になってしまった。

どこで仔猫を産むつもりかわからないが、産まれたところで
結局は、親子共々かわいそうな結末になるのではないかと考えて、
かなり大きいお腹だけれど、避妊手術をするべきだと決心して、予約した。

予約の前々日に、我が家に連れてきた。
元飼い猫だけあって、おとなしくしてくれていたので、他の猫たちも
特に動揺しなかった。とりあえず安心して夕食をとっていた。が、

その時、ベタっと横になった三毛のお腹が、妙に動いているように見えた。
こりゃヤバイかも?!

そう思って、即座にお店に行って、手頃な大きさのダンボールの箱を
見つけて、戻ろうしたところ、
丁度、風呂上りでパンツ一丁の亭主が、
「大変だ~!大変だ~!産まれちゃったよ~!」と大騒ぎ^^;;;

急いで部屋に戻ると、立ち上がったままの三毛から、へその緒で
ぶら下がっている第1子!
慌てて、そのままの状態でダンボールに入れて、押入れにしまった。

しばらくして、襖を少し開けて覗いてみたら、4匹の仔猫が
おっぱいを飲んでいた(^^)

「大丈夫、これだけ可愛いきゃ、すぐ貰い手見つかるよ!」と、
亭主に、いきなり釘をさされて、何も答えなかったが…

その考えは生ぬるく、また家族が増える事になるわけです。
ふふふ。



スポンサーサイト
  1. 2010/03/26(金) 23:30:16|
  2. ユウタとモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<押入れの居残り組 | ホーム | 夏見の置き土産>>

コメント

4年以上前の記事に突然失礼します。

今、最初から順番通りに読んでいます。

たくさんの猫に囲まれて生活なさっていれば、書かれておられるように幸せも悲しみも、御苦労も多いでしょうね。

ただ読者の私が一番に感じることは、ご主人もあなたも、とても素敵な人だということ。
特にこの記事には思わずとフフっと笑ってしまいました。

この先も、何年も前の記事に時折コメント入れさせていただくと思います。ではでは。
  1. 2014/06/04(水) 00:09:13 |
  2. URL |
  3. ポテっとな #.5Qwvuhc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rintyare.blog97.fc2.com/tb.php/36-9fa2c3c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)