金物屋の猫ページ

店は暇でも猫で大忙し! 店の中、倉庫の中、家の中、窓の外で待ってる猫たち。 幸せ半分悲しみ半分。

彼女の本音

ビビちゃんの秘密のお部屋^^;


bitm1.jpg

                         ビビちゃん(推定12歳♀)

部屋に行く度に、前足をフミフミして、
いつも、ちょーご機嫌なので、

とりあえずは、これで良かったのだと・・・

思っていたのだが・・・


ある事に気が付いて、背筋がゾッとした(-_-;)


bitm2.jpg


網戸が、破壊されていたのだった(*_*;


bitm3.jpg


日当たりの良い部屋なので、
晴れの日は、閉め切っていると暑いくらいになる。

だから、日中は、網戸は開かないように固定をして、
サッシを少しだけ開けていたのだが、

まさか、こんな事になっているとは;;

たぶん、サッシと網戸の間に、頭をぐいぐい突っ込んで、

間に入り込もうとしたので、
押さえゴムが外れてしまったのだと思う(-_-;)


bitm4.jpg


下には、チュミレハウスのパラソルが見えるが、

飛び降りたりは、しないにしても、
足を踏み外したら、大変な事になるところだった(>_<)

この部屋は2階だが、
1階だったら、完全に脱走していたはず;;


タマの事を思い出してしまった・・・


bitm5.jpg

                        タマ(当時10歳♂)

2年前に、脱走して、未だに行方不明のタマ。

何度も脱走を企てた後、最終的には、
網戸とサッシの間に、頭をぐいぐい突っ込んで、

押さえゴムが外れた穴から、脱走(~_~;)

片目が無く、残った目も殆ど見えないのだから、
外で暮らす事は、危険過ぎると思って、

保護してからの、9年半・・・

他の猫たちに嫌われながらも、
一家の一員として暮らしてきた、タマだけれど、


bitm6.jpg


本当は、ずっと、外の自由な世界に戻る事を、
夢見ていたのだと思う。


bitm7.jpg


あれから・・・

家の中で、我慢しながら過ごした、
9年半の時間を、取り戻す事ができただろうか・・・

毎日、思い出すが、

自由奔放に生きるはずだった、
タマの貴重な時間を、

私の余計な心配で、9年半も、
奪ってしまっただけではないだろうかと、

悔やまれるような気持ちが、まだ消えない。


bitm8.jpg


ビビちゃん・・・

ビビちゃんの、本当の気持ちを、
分かってあげたいけれど、

でも、もう、寒いから、
春になるまで、窓は開けない。

だから、春になったら、
また、一緒に考えましょうね。




関連記事です。

「若返りの薬」

「うちのタマ知りませんか?」

「片目の問題児」





ふたつのランキングに参加しています。
ポチっと押していただくことが、とても励みになっています。
いつも、ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





                今回のコメント欄は、お休みさせて頂きますm(__)m
スポンサーサイト
  1. 2012/10/25(木) 17:49:52|
  2. ビビちゃん